イスタンブール旅行の定番

イスタンブール旅行の定番《観光地リスト》

イスタンブールを巡る~人気の観光地                                 
《ミュージアムパスを効率的に使う!》
イスタンブールには世界遺産に登録されている”歴史地区”があり、現在は博物館として一般公開されています。
1日では回り切れないほどの見どころがあるため、「ミュージアムパス」を効率的に使い
見学をするのがおすすめ
です。
ミュージアムパスは3日間用と5日間用があり、チケットの有効期限内であれば
様々な博物館に入場することができるため便利です。
以下はイスタンブールの定番の人気観光地です。
尚、開館時間や開館日は予告なく変更されることがありますのでご注意ください。
 
アヤソフィア                                    
ビザンチン様式の最高傑作「アヤソフィア(Hagia Sophia)」は、世界遺産に指定されている
”イスタンブール歴史地区”にある歴史建造物
です。
ビザンチン帝国時代にはキリスト教大聖堂とされていたアヤソフィアは、
1204年~1261年の間はラテン帝国の支配下にあり、カトリック教の大聖堂とされていました。
オスマン・トルコ帝国時代になると都市の名がイスタンブールに代わり、街全体にイスラム教徒が増えました。
これまでキリスト教大聖堂とされていたアヤソフィアは、この時1453年から”イスラム教モスク”に改装され、
現在の博物館として1935年に開放されました。
時代の流れとともに姿を変えてきたアヤソフィアは、
イスタンブールの歴史を語るための貴重な世界文化遺産です。
アヤソフィアの建物内に入ると、これまでの歴史を感じさせるキリスト教とイスラム教それぞれのモチーフや、
ビザンチン時代に発展したモザイク画が残されています。
ビザンチン時代の優れた建築や、最高傑作とされるモザイク画は現在もなお修復作業が進められ、
その神秘的な美しさは必見です。
 
《ビジネスアワー》
開館時間は9:00-19:00(最終入場18:00)、夏季は9:00-18:00(最終入場17:00)です。休館日は月曜日です。
 
《アクセス方法》
路面電車のトラムT1線に乗り「スルタンアフメット駅(Sultanahmed)」で降ります。
駅からアヤソフィアへは徒歩1分ほどです。
 
ブルーモスク(スルタンアフメット・ジャーミィ)                  
世界最高の美しさといわれる「スルタンアフメット・ジャーミィ(Sultanahmet Camii)」は、
通称「ブルーモスク」と呼ばれ世界的に有名なイスラム教の礼拝堂
です。
イスタンブールのモスクといえばブルーモスクといわれるほどの高い認知度があり、
外国人旅行者が絶対に訪れる定番の観光地として人気があります。
幾何学模様の装飾タイルやステンドグラスで彩られたブルーモスクは、
基調の青と白が美しい世界一美しいモスク
といわれています。
イスタンブール歴史地区の歴史建造物の一つであり、オスマン・トルコ帝国時代の
1609年に建てられた歴史あるモスクです。
ブルーモスクの特徴は青と白の美しい色調のほか、世界で唯一の6つのミナレット(尖塔)や、
巨大ドーム内部に埋めつくされた約2万枚の青のイズニックタイルです。昼
間みるブルーモスクの美しさもさることながら、夜間にライトアップされたブルーモスクも幻想的で見事です。     
 
《ビジネスアワー》
開館時間は8:30-18:30、金曜日は14:30-18:30です。休館日はありませんが、
季節などにより入場時間が異なる可能性があります。
 
《アクセス方法》
路面電車のトラムT1線に乗り「スルタンアフメット駅(Sultanahmed)」で降ります。
駅からブルーモスクへは徒歩1分ほどです。



  伐採 名古屋

クリアファイル 印刷

ベリーダンス衣装